最近増えてきているスマホ老眼|原因を徹底解説

携帯

若者に症状が出る原因とは

老眼は一般的に40代ごろから起こりますが、最近は20代から30代の若い人の間で老眼が起きています。これはスマホの見すぎで目に負担がかかることから起こります。予防と改善のためには、スマホを見るときは適宜目を休めたり、毛様体筋を鍛えたりするのが効果的です。充分な睡眠も疲れの改善に効果があります。

目元

目の健康のため

スマホを見すぎることによってかかるとされる老眼、予防対策としてさまざまな方法が考えられます。スマホは長時間見続けないようにして、画面から目を話して読むようにしましょう。また、暗いところで使用するのをやめてください。

目の健康を手に入れる

目元を触る女性

物が見えにくい原因とは

20代や30代くらいの若い人で、手元などの近くが見え辛いと感じる方が増えています。これはスマホ老眼と呼ばれるもので、加齢によって訪れる老眼と同じような症状が若いうちに起こっている状態です。スマホの普及によって、若い人のスマホ使用時間が伸びているのが影響していて、長時間スマホを使い過ぎて目が疲れてしまって、老眼のような症状が出ることです。スマホは画面が小さくて文字小さく、目に近づけて長時間見ることになります。目のピントを調節する機能がスマホの長時間の使用によって機能が低下し、老眼のように近くの物が見え辛くなってしまいます。また、スマホは画面が明るく目にも強い刺激を与えていて、暗いところだと物が見えにくくなるという症状にも見舞われます。これらは長時間目が酷使され疲れているからなので、スマホの使用時間を短くして目を休める時間を設けることで改善されます。また、使用している時でもたまに画面から目を離して、遠くを見るようにすると、ピント調節機能が働きやすくなります。他にも、パソコンやテレビなどの画面でも同じように目が酷使されてしまいますから、なるべく使う時間を限定して目の疲れをしっかりと回復させるのが大切です。また、目に良い食品のブルーベリーなどのベリー類やカシスなどを取ると、目の疲れを癒すのに役立ってくれます。果物そのものを取る機会が少ないなら、サプリメントでも代用可能です。アントシアニンやルテインなどの目に良い成分がたっぷりと含まれたものを飲みましょう。

メガネとコンタクト

若い世代に多い

スマートフォンの普及もあり、若い世代にスマホ老眼と呼ばれる症状に悩む人が増えています。目の筋肉の緊張で一時的な症状であることも多いですが、繰り返すうちに悪化してしまうこともあります。悪化を防ぐためにも適度に目を休めたり、眼球運動なども取り入れてみましょう。