最近増えてきているスマホ老眼|原因を徹底解説

  1. ホーム
  2. 若者に症状が出る原因とは

若者に症状が出る原因とは

携帯

手元を長時間凝視するため

老眼は目の老化現象のひとつで、40代ごろから起こるのが一般的です。ところが、最近では20代や30代でも老眼と同じ症状を起こす人が増加しています。子どもに症状が見られることもあります。この主な原因はスマホの見すぎです。スマホは手軽で便利なので、少し時間ができるとすぐに見る、見はじめるとついつい長時間見てしまうという人は多いのではないでしょうか。問題は、ごく近距離で長いこと小さな画面を凝視することにあります。この行為が目には大きな負担になり、スマホ老眼が起きます。そもそも、老眼とはどんな症状でしょうか。もともと目は水晶体と呼ばれるレンズ部分の厚みを調整することでピント合わせをしています。ところが、加齢によって次第に水晶体の柔軟性は失われ、厚みの調整がしづらくなります。また厚み調整を行う筋肉である毛様体筋も衰えるので、ますますスムーズなピント調節ができなくなります。この結果、手元の文字が見えにくく離すと見えやすい、視線を移動させたときピントが合うまで時間がかかるといった症状がでます。これが一般的な老眼です。スマホ老眼の場合は、長時間手元のスマホを見つめていたために、毛様体筋がかたまってしまい、ピント調節をスムーズに行えないことが原因で起こります。スマホ老眼を放置していると、眼精疲労を招き、頭痛や肩こり、吐き気、いらいらなどの症状を起こす可能性があります。予防・改善のためには、スマホを1時間使ったら10分目を休めるなど、目の酷使を避けるのが一番です。また、毛様体筋を鍛えるのも効果があります。鍛えるには、目の前に人差し指を立てて数秒間じっと見つめ、次に目を遠くにやり景色を数秒間見つめ、また人差し指に視線を戻すということを繰り返す方法があります。充分な睡眠も、目の疲れの改善に効果があると言われています。夜更かししてスマホをいじるのはやめ、しっかり寝るようにしましょう。