最近増えてきているスマホ老眼|原因を徹底解説

  1. ホーム
  2. 目の健康のため

目の健康のため

目元

予防対策として

老眼と言うと、歳を取ってからかかるイメージがありますが、スマホを見すぎることによりかかる場合があるようです。スマホによる老眼の症状ですが、近くのものにピントを合わせにくくなります。その結果、本を読むときなどに、目から離して読むようになります。「文字が読みにくくなった」と感じる場合は、スマホ老眼になっている可能性があります。スマホ老眼を防ぐ方法ですが、スマホを見るときには、画面から目を離すようにして、長時間画面を見続けないようにすることです。1時間画面を見たら10分休むというように、適度に休憩をはさみましょう。その際、窓の外の景色を眺めるなど、遠くの風景を見るのも、目を休めるのに効果があります。長時間画面を見て目が乾く場合もありますから、時々目薬をさすなどして目に水分を与えるようにするのもよいでしょう。暗い部屋で、スマホを見るのも避けてください。適度に明るい場所で使いましょう。寝ながらスマホをいじる行為も、目に近すぎるようです。ほかに、簡単な目のストレッチを行うのも、目の健康にプラスになります。また、目を温めると血行が良くなりますから、ホットタオルなどを使って目の周辺を温めるのも良いでしょう。本物の老眼とは違い、スマホ老眼の場合は老化とは異なりますから、日頃いろいろ気をつけることで元の状態に戻ります。「目が疲れているな」と思ったら、上記のような方法をいろいろ組み合わせてお試しください。