最近増えてきているスマホ老眼|原因を徹底解説

  1. ホーム
  2. 若い世代に多い

若い世代に多い

メガネとコンタクト

予防方法を知る

老眼中年期の人に多い症状ですが、20代、30代といった若い世代にも近くのものが見えづらいという症状を訴える人が増えています。若い世代に多いのはスマホ老眼と呼ばれる症状であることも多くなっています。遠くを見ているときの目の状態ではスマホのような近くの小さな文字は読みづらいので、水晶体を膨らませてピントの調整を行います。そして長時間スマホを見続けていると水晶体が膨らんだままとなってしまい、遠くを見たときも急にピントを合わせるのは難しくなってしまいます。一般的な老眼は加齢の影響で目の調節機能が衰えることで起こりますが、スマホ老眼は目の筋肉が緊張することで目のピントの調節がしづらくなるという違いがあります。スマホ老眼は一時的なものであることも多いですが、繰り返すうちに悪化する可能性もあります。そして目の不調だけではなく、肩こりや頭痛、ストレートネックなどの症状も出やすくなりますので、やはり対策はしっかりと行っておきたいところです。スマホ老眼を予防するためには、あまりに長時間に画面を見続けないこと、適度に目を休めることも大切です。そして眼球運動を行うなどで目の筋肉の緊張をほぐしていきましょう。蒸しタオルなどで目を温めることも血行が促進され目の疲れ解消に役立ちます。画面を近づけすぎることも良くありませんので、スマホを使うときは少し距離を話して見るなどの工夫もしてみましょう。食品やサプリメントで目に良い栄養素を摂ることも目の疲れ防止に役立ちます。